Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入浴剤について

寒い日が続く。
こんな日は、あったかいお風呂に入ってすぐ寝るに限る。

冬のお風呂といえば
温泉の素なり、入浴剤を使用する機会が多い。

今までいろいろ入浴剤を試してきたので
この機会に、いくつか感想を書いてみたいと思う。

子供のころ、おばの家に泊まりに行くと
よく使っていたのが
610ハップだった。
これは、臭いも相当なものだったが、あったまるというより
肌にいいというイメージだったような気がする。
たとえばニキビだったり、とか。

硫黄臭が強く、自分の家では風呂釜が傷むという理由で使っていなかった。
実際に風呂釜が傷むかどうか、それは自分にはわからないが、
いずれにせよ、温泉が身近になかった時代、
なおかつ、温泉で一度はあの硫黄臭を体験している立場からすれば、
かなり温泉に近い、というものだったのではないだろうか。
だからか、日本の名湯の素みたいなものは、どうも効いた感がなく
使用するものの、長続きしない原因もそこにあるような気がする。

さて、親元から独立し、自分で入浴剤を選ぶようになって、
最初にはまったのが
芳泉である。

芳泉 マイルド芳泉 マイルド
()
ほんの木 薬湯 漢方生薬入浴剤「芳泉」 マイルド〔30g×10包〕

商品詳細を見る


漢方、生薬ということもあるのか
あったまる感が強く、しばらく利用した。
いかんせん、高いので長続きはしなかった。

ケチくさい話だが、一回だけの使用ではなく
3日くらい使った。


そういえば、このころ、TVで節約主婦というより
ケチな主婦だったかの取材で、マコモ風呂とかいって、
お風呂のお湯を一度も変えずに
マコモというなんだかわからないものを入れて
どす黒いお風呂みたいなものがあったような記憶があるが
こちらは、お湯を変えないということはさすがにできない。
芳泉を一度お湯に入れた後、パックを取り出し
ビニール袋に入れて翌日取り出し、お風呂に入れるというような
ことをしていた。

いずれにせよ、当時は簡単に買えなかった、高価、
というので
長続きはしなかった。

それからもいろいろな入浴剤を使ってきたが
次に流行ったのが
蔓潤湯
これは、クール版だが
普通の蔓潤湯をよく使った。

クール蔓潤湯 10包入(ポーチ入り)クール蔓潤湯 10包入(ポーチ入り)
()
蔓潤湯

商品詳細を見る

お湯にとろみがでる。匂いがいい。
肌に優しい、あったまる
という点で、これはかなり良かった。
あちこちに売っているわけではないというので、
なかなか長続きはしなかった。

塩や重曹を入れるというのも試したが
これはこれで、効いているんだと思う。
でも、なんだか、気持ちとして、効いたというのがない。
色なり匂いというのも重要なんだろうか。
炭酸泉と思えばいいのだろう。
しかし、続かなかった。

これは夏場も含め、時折買うというのは
クナイプとかバブとかになるわけだが

クナイプBソルトGN850クナイプBソルトGN850
()
クナイプ

商品詳細を見る

バブはギミックというか、あの塊がシュワーとなって溶けていく過程が
なんか効いている感じがするわけだが、時折買うものの、お薦めとまではいかない。
ただ、クナイプな匂いもいいし
どこでも買えるし、そんなに高価ではない。
そういう意味でお薦めになる。

なんというか、かなり一般的なものを薦めるということで
なんではあるが。。

そういえば、夏場といえば
ハッカ油

北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 20ml【HTRC3】北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 20ml【HTRC3】
()
北見ハッカ通商

商品詳細を見る

これを数滴たらすとなかなか良い。
ここのハッカ油は通常のミントより強いからお薦めだ。

話は戻るが、
今、長いこと使っているのが
なんとバスクリンである

バスクリン薬湯 カラダめぐり浴 600gバスクリン薬湯 カラダめぐり浴 600g
(2012/09/12)
バスクリン

商品詳細を見る

ただ、これは薬湯になっていて
これが芳泉に近い。

いやはや、バスクリン恐るべし。ということで
今は、これをずーと使用している。


ところで
こういった入浴剤の排水は下水処理において負荷を与えているんだろうか。
スポンサーサイト

暦について

しかし、暦ってそもそもなんなんだということはある。
だって、今日が1月1日というのを誰かが決めればいいわけ。

つまり僕らは8月21日だと思ってたのを1月1日とすれば、
そこから1年が始まるわけです。

って、1年ってなんだよ?
365日ってなんだよってなるのは、置いておくにせよ、
この今でいう1月1日がスタートというのって、なんだろうって
たまに思うんですな。

明日から翌年になる
というだけで、翌年の運勢は?

ってなるのも、どうなんだろうと思うし
そもそも暦っていろいろあるから
いつが、年明けかはそれぞれ変わるわけです。


赤穂浪士の討ち入りは12月14日だったから、ということで
今でもその日にイベントやるわけです。
でも実際の今の西暦でみれば
あの日は1月30日なんですよね。

今でも東アジアには旧暦が残っていて
外資系の企業でも、香港あたりの企業と取引していると、
このあたりは休みになり
なかなか仕事が進まないということもあります。
でもこの旧暦って、日本だけ
捨てちゃって、わたしはもったいないと思います。
休みがほしいからとか、そういう理由ではないですよ。
でも1月1日って この西暦の1月1日を基準に考えなくてもいいんじゃないのか
ってふと思ったわけです。
神社でおみくじの行列に並びながら。



暦について。

天地明察 上 (角川文庫)天地明察 上 (角川文庫)
(2012/09/01)
冲方 丁

商品詳細を見る

Extra

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

プロフィール

ゴールド007

Author:ゴールド007
居酒屋談義しますね

最近のコメント

ユーザータグ

最近のトラックバック

FC2アフィリエイト

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

フリーエリア

ベストセラー

占い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。